葬儀の手引き もしものときに慌てないように

HOME >葬儀の手引き
葬儀の手引き
早急に行うべきこと
遺影写真
遺影に使う写真をお決めください。
引き伸ばしをする為、なるべく大きくはっきりと写っているお写真をご用意ください。(写真は後ほどお返し致します。)
尚、作成後の修正、変更等につきましては別途料金がかかりますので、よくお選びになった写真をご用意ください。
喪主
喪主には、故人様と縁の深かった遺族がなります。一般的には配偶者が一番多く、ついで長男、同居に近い状況にあった子、というような順序のようです。
未成年者が喪主となる時は親族から一人後見人を。また喪主は以後の仏寺の中心的な存在ともなりますから、選定にはそういった配慮も必要でしょう。
宗派やお寺様
家の宗旨がわからないときは、親族や出身地などに問い合わせましょう。また平素からお寺とのつき合いがなく、わからないときは、当社にて手配できます。菩提寺をお持ちの方はお寺に連絡しましょう。
死亡通知
親族や会社関係、友人などへの死亡通知は遺族が手分けして電話で行います。通知前に通夜や葬儀の日程を決めておけば一度で済みますが、故人の会社での立場によってはとりあえず先に連絡を。近所へは、世話役などのお宅へ直接出向きます。
死亡届、火葬許可証
死亡届に必要なのは医師の死亡診断書と届出人(遺族)の印鑑。市区町村の役場に届け出ますが、休日や夜間でも受け付け可能です。これが受理されれば火葬許可証が交付されます。※当社が手続き代行させて頂きます。
葬儀のための準備
葬儀社に宗派の連絡
枕飾りは臨時の祭壇で、葬儀社がセット致します宗派によって作法に多少の差がありますので、宗派名を葬儀社に伝える必要があります。
「北枕」や「さかさ屏風」には特にこだわることはないでしょう。
枕経
枕経は臨終勤行のことです。居合わせる全員がお参りします。読経に先立って、喪主は枕飾りの灯明(ローソク)に火を灯し線香をたきます。
読経後はお寺さんと通夜や葬儀の打ち合わせをしておくとよいでしょう。
葬儀の会計

ノートや帳簿を用意しましょう。通夜から葬儀にかけての会計を明確に記しておきます。また、人の出入りが活発になりますので貴重品の管理も厳重に。
※ 当社にはご葬儀記録帖や受付備品セットが用意されております。

大規模な葬儀には葬儀委員長を

ある程度、多方面からの会葬者が予想される比較的大きな葬儀には、実務を総括する「葬儀委員長」を選びます。
委員長には、町内の自治会長か会社の責任ある人が適切でしょう。但し、家庭で営む葬儀なら現場をよく知る人の方が適任でしょう。

納棺の儀式・祭壇
納棺と死装束

遺族や親族の方々にお集まりいただき、納棺の儀を行います。
経帷子(キョウカタビラ)等は葬儀社が用意しますが、故人に着せる衣服(生前愛用の衣服やねまき)は遺族が支度をします。

自宅祭壇の場合

祭壇の設置までに部屋から必要なものは取り出しておきましょう。式場の樒・供花や供物はできるだけ早く手配しましょう。

会館利用の場合

会館ご利用の場合は前準備・後片付け等は一切不必要です。
また、樒・供花や供物はできるだけ早く手配しましょう。

通夜
通夜の進行

午後7時頃から始め、30分くらい僧侶の読経があります。僧侶の焼香のあと喪主から遺族、親族の順に焼香します。一般の方々にも続いて焼香して頂きます。焼香後には、通夜ぶるまい(料理やお酒によるもてなし)をして午後9時か10時頃に終わるのが一般的です。
戒名は導師さんにお願いします。また、喪家以外で通夜を営むなら留守番役が必要です。

通夜のうちに決めておくこと

喪主は、通夜のうちに葬儀告別式のあとのお斎(精進落し)の手配と、弔辞いただく方の確認、弔電の抜粋をしておきます。また、焼香順位の作成をします。
(お斎の手配)お斎は親族、葬儀委員長、役員をはじめ、葬儀でお世話になった人々をねぎらう宴です。

ご焼香の順位例 (父の場合)
親族例-1

@葬儀委員長A喪主(長男)B母C喪主の妻D孫(喪主の子)E喪主の弟及び妻F喪主の姉妹(他家の嫁)G伯父・伯母(故人の兄弟姉)H故人の妻の兄弟姉妹I喪主の兄弟姉妹の子(孫達)J喪主の妻の親K喪主の従兄弟姉妹L喪主の妻の兄弟姉妹

親族例-2

@葬儀委員長A喪主(長男)B本家(父の出た家の当主)C母D喪主の妻E家庭の子供達F喪主の兄弟姉妹G妻の両親H伯父・伯母夫婦I叔父・叔母夫婦J故人の妻の兄弟姉妹K故人の孫達L喪主の従兄弟姉妹M喪主の妻の兄弟姉妹

団体例

@町会長A町内会B公職関係C会社関係または学校D金融機関E友人関係

葬儀・告別式
葬儀・告別式とは

死者を弔う儀式が葬儀、死者に会葬者が別れを告げる儀式が告別式です。
したがって関係者は葬儀の時は祭壇を向き、告別式では会葬者に挨拶が出来るよう向きを変えます。
通常は葬儀の後引き続き告別式が行われます。

葬儀当日の服装

喪主、遺族、親族、葬儀委員長は正式の喪服を身に着けます。男性なら和装は五つ紋の黒紋付に羽織袴。下着と羽織のひもはねずみ色。足袋は黒が望ましいでしょう。洋装はモーニングと黒鞄で。
女性は和装なら黒の綸子が縮緬の五つ紋、黒の名古屋帯。帯揚げ、帯締め、草履、バッグは黒に統一してください。
洋装ならつやのない材質の黒無地のワンピースに、靴下、靴、バッグも共に黒の物にしてください。

出棺・精進落し
最後のお別れ

お別れはできるだけ多くの人に、お花を柩に手向けていただきましょう。

出棺

最後のお別れの後、喪主、遺族、親族の男性の方でお棺を霊柩車に運びます。
※当会館では、輿を使います。

精進落し

葬儀でお世話になった人々をねぎらう宴を。喪主や遺族は末席に座ります。
この後は親族で今後の法要の相談をしておくとよいでしょう。

お骨上げ

お骨上げをすませ、お骨を持って帰宅しますとまず中陰机に遺骨を奉納します。そして灯明(電気ローソク)、線香(巻き線香)、ご飯、お茶水、好物の物をお供えします。
お寺様に連絡して還骨勤行をいただきます。

あいさつまわり

葬儀告別式の終了後(お骨上げ後でもよい)喪主、遺族でお世話になった町内関係者(となり組)にあいさつまわりをします。

葬儀が終わってから
行事や法事

初七日から四十九日、初盆・年回法要などそれぞれの節目に行事や法事を行います。
それらにも大野会館をご利用いただけます。

各種手続き

葬儀後には、保険証の返還・年金の手続き・生命保険や各種名義変更等々、行わなければならない諸手続きが多く発生します。
また 相続が発生する場合は予想以上にたいへんな法的手続きが必要となってかなりの負担がかかってきます。
こうした手続きについては「相続安心サポートセンター」の専門スタッフがご遺族様のサポートをさせて頂きます。
ご相談は無料ですので 安心してお問合わせください。

( 相続安心サポートセンター 072-238-1661 )

free dial